FABULA NOVA がOPENしました
デイケアファーブラの新館がオープンしました。
名前はFABULA NOVA
FABULAはラテン語で「物語」、NOVAは「新しい」という意味です。
FABULA NOVA でたくさんのメンバーさんが、新たな人生の物語を紡ぎ、回復することを願ってこの名前がつけられました。

 

最近のファーブラは当事者研究やSSTをはじめ、相談の達人、幻聴妄想研究会、などミーティング系のプログラムが盛りだくさん。仲間の「繋がりの輪」がだいぶ広がってきました。一方スペースは手狭になるばかり…。ミーティングをする場所が足りないという悩みがありました。そんな私たちの大きな味方になるのがファーブラNOVAです。


ミーティングルーム「アイリス」
アイリスの魅力はなんといってもそのゆったりとしたスペース。なんと30名程度のミーティングにも対応可能です。電子ボード、プロジェクターなども完備。プチ講演会もできます。当事者研究やSST、心理教育、苦労賞ミーティングなどファーブラのメインプログラムがここで行われます。

ミーティングルーム「くるみ」
アイリスよりもスペースは狭いものの、一つの空間として仕切られているため、安心してミーティングすることができます。弱さの情報公開にまだ抵抗のある方でも、自分の弱さを話しやすい空間と言っても良いかもしれません。ここでは相談の達人、ピアカウンセリング、語りの会、EAミーティングなどが行われます。


喫煙所・フリースペース
屋外ですが屋根がついているので、雨天時でも使用可能です。ファーブラでは喫煙で自分を助けているメンバーさんが多く、比較的優遇されているようです。先日はここでバーベキューも行われました。

個人面談室
個人当事者研究や少人数のミーティングで使用します。今後ここからたくさんの当事者研究が生まれてくるかと思うと本当に楽しみです。

デイケアで仕事をしていて、支援者に何ができるかを考えた時、究極的にはメンバーさんが安心して語ることのできる「場」を提供すること以外にはないのではないかという結論に達します。「場」とはたんに物理的スペースを示すものではなく、仲間という土壌を含んだ「場」です。今後FABULA NOVAという肥沃な土壌からたくさんの芽がでてくるのが今から楽しみです。

Copyright 2010 KEZOUJI CLINIC