原田耕作(院長)
 

 平成29年5月から華蔵寺クリニック院長となりました。これまで14年に渡り阿部智前院長が実践してきた、当事者主役の精神医療を継続し、さらに発展させるべく努力してまいります。
 私は、医師になってから最初の10年間、放射線科医としてがんの放射線治療を行ってきました。平成25年に精神科に転科し、群馬県立精神医療センターで精神医療を学びました。がん治療でも精神医療でも、当事者が治療の主役となり、その人らしく生きていけるような回復のお手伝いをすることが医師の仕事と考えております。病気や障害のために人生を見失うこともあるかもしれませんが、共に回復の道を模索できればと思っています。

平成
平成


平成
平成
15
15
 
 
25
29
群馬大学医学部卒業
群馬大学放射線科に入局
同大学病院・都立駒込病院・虎の門病院・伊勢崎市民病院などで、がんの放射線治療に携わる。
群馬県立精神医療センター 
5月 華蔵寺クリニック 院長


原田明子(副院長)
 

平成15年、群馬大学医学部卒業。
群馬大学医学部附属病院精神科神経科、群馬県立精神医療センターなどを経て、平成27年11月から華蔵寺クリニックで勤務している。
患者さんの生活・人生に寄り添った治療を目指しています。病気や障がいによって、弱った生活の土台を立て直すお手伝いをしたいと思っています。


阿部 智(前院長)
前橋市出身
昭和
昭和
昭和
昭和
平成
平成
平成
40年
46年
48年
61年
6年
8年
15年
帯広畜産大学卒業
東北大学大学院
海外青年協力隊員としてモロッコへ
ラ・サール大学医学部卒業
群馬大学精神科入局
県立精神医療センター入局
華蔵寺クリニック開院

平成29年5月からは、毎週(土)の診療を担当。



久川 美佐緒 (看護師)
 
看護師。県立精神医療センターに6年間勤務後、結婚退職。
「10年間の主婦業と4人の子どもの子育てが一段落したところで、華蔵寺クリニック開業と同時に看護師に復帰しました。デイケアでは、心理教育(病気とうまく付き合う方法を身に付けるプログラム)、家族関係に関するSST、レクリエーション関係のプログラムを担当しています。」


柴田典子(看護師)
 
県立精神医療センターに12年間勤務。 当院開院時よりデイケアスタッフとして勤務。 現在、SST、ピアカウンセリング、女性研究会、グループ活動などを担当している。
「仲間のつながりを維持しながらその人らしく生活していけることができるよう、自分助けの技術や人との関係を維持できるよう応援していくことが私の仕事と考えています。」


間 聡(精神保健福祉士)
 
ソーシャルワーカーとして主に福祉制度、障害年金などの暮らしの相談を担当。専門分野の森田療法を生かし、SSTなどの「自分を助けるプログラム」を担当している。
「ファーブラを訪れる、困難を抱えながらも、自分なりに試行錯誤してなんとかかんとか生きている、たくさんの仲間と共に、自分もまた日々生き抜くことの困難さを抱えたひとりの人間として、自分と仲間を応援していきたいと思います。」


柳 春海(精神保健福祉士・産業カウンセラー)
 
イトーヨーカ堂に入社し7年間勤務し、経営コンサルタント会社に転職をするが、うつ病になり、退職以来就職、転職を繰り返す。 華蔵寺クリニックのデイケアを利用して回復し、現在はスタッフとしてうつ病者の職場復帰支援を中心に行っている 。
担当プログラム:当事者研究、相談の達人
「自分の仕事と病気の両方の体験を生かして支援しています。皆さんが幸せになる為のお手伝いができればうれしいです。」


小島 康宏(精神保健福祉士)
 
就職活動の際にうつ状態や対人緊張が強まり、華蔵寺クリニックに通院しました。自分もデイケアに来たことで、安心できる仲間や居場所を得ることができました。その後もデイケアに通いつつ、いくつかの仕事を経験し、現在はスタッフとして、当事者研究・SST・パソコン教室などを担当しています。
「自分の体や心の調子とつきあいながら、いまも日々の仕事を続けています。ファーブラの仲間のひとりとして、お互いに支えあいながら、これからもたくさんのことを経験していきたいです」


エイミー(看護師)
 

スポーツプログラム、ギャルサー、ヨガなどを担当。
「ファーブラに就職して一番に感じたことは、何て温かい場所なのだろうということです。メンバーさんからも“自分助けの大切な場”“大切な仲間に出会えた場”という言葉を沢山耳にします。このような素敵な場であるファーブラに出会えたことに感謝し、有能な先輩たちを目標に頑張っていきたいと思います。ファーブラではエイミーと呼ばれています。よろしくお願いします。



細井 祐子(心理士)
 

東京都内の精神科クリニックにて、認知行動療法、自律訓練法を中心とした職場復帰支援プログラムの運営を主な業務として約3年間勤務したのち、結婚を機に退職し、伊勢崎市に移住。
H25年4月より、子育てをしながら勤務しています。主な担当は心理教育プログラムです。
皆様の自分助けを応援する仲間として、共に学びながら歩んでいけたらと思っています。